総合食品卸・小売の株式会社びわこフード さのや総本店 会社概要

ブランド牛 近江牛・国産牛肉・輸出牛肉 牛副生物に関わる、安心・安全な商品を提供致します。

イメージ

近江牛の歴史近江牛の歴史

イメージ 三大ブランド牛(神戸ビーフ・松坂牛・近江牛)の中で一番古い歴史を持ちます。
江戸時代からすでに、牛肉が「養生薬」の名目で、味噌漬や干し肉として彦根藩から将軍家に献上、賞味されていました。
明治になって西洋文化の影響で牛肉食が始まると、近江牛はブランド牛として全国に普及しました。これは、近江商人の活躍があったためともいわれています。


1882年

明治15年

神戸港から海運により牛 を東京に出荷する

1884年

明治17年

四日市港から海運により牛を東京に出荷する

1887年

明治20年

と殺条例が制定。東京府下のと畜数は2万頭(産地別内訳は近江33%、摂津32%、播州11%、伊勢7%)

1890年

明治23年

前年の東海道本線開通により、八幡駅より牛の輸送が始まる

1892年

明治25年

朝鮮半島より牛疫が伝播し、生牛の輸送が禁止される

1907年

明治40年

近江牛育ての親の西居庄蔵翁が蒲生郡牛馬商組合を設立する

1910年

明治43年

家畜市場法の制定交付により県内家畜市場改組、草津、八日市、貴生川の市場整備される

1911年

明治44年

常設家畜市場開設される(草津・貴生川・湖東・八日市・瀬田・野洲・西押立・木之本)

1914年

大正3年

東京上野公園で全国家畜博覧会開催、蒲生郡の牛が優等1位となる

1932年

昭和6年

県立種畜場が野洲町市三宅に設置される

1935年

昭和10年

東京芝浦家畜市場の共進会で蒲生郡の牛が優等3位となる

1942年

昭和17年

役肉用種牝牛貸付規定により、和牛飼育を奨励する

1948年

昭和23年

滋賀県に畜産課が新設される

1951年

昭和26年

近江肉牛協会が設置される

1952年

昭和27年

近畿東海北陸連合肉牛共進会(第1回)が開催される

1954年

昭和29年

日本橋・白木屋で近江牛の大 宣伝会が開催される

1959年

昭和34年

和牛生産団地育成事業、肉蓄団地設置事業等により肉用牛の生産を図る

1962年

昭和37年

滋賀県家畜商業協同組合が設立される

1966年

昭和41年

株式会社「滋賀食肉地方卸売市場」が設立される

1991年

平成3年

牛肉が輸入自由化となる

2005年

平成17年

「近江牛」の定義を統一

2007年

平成19年

滋賀食肉センター操業開始

2007年

平成19年

「近江牛」が地域団体商標に登録

2007年

平成19年

「近江牛」生産・流通推進協議会設立

2008年

平成20年

「近江牛」認証制度開始

2009年

平成21年

認定「近江牛」指定店舗登録制度開始

さらに詳しい情報は「近江牛」生産・流通推進協議会のホームページよりご確認頂けます。
http://www.oumiushi.com/